夢劇場 Part2 SCENES FROM A MEMORY

DREAM THEATER・SIAM SHADEなどHR・HM・Fusion音楽&ギター大好き
 
 
プロフィール

Mark

  • Author:Mark
  • 音楽大好き管理人です☆
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初 ’神保様’詣 

やはり年のはじめは神様をお参りしないと。
という事で行ってきました。

神保 「神」 彰 様 を拝みに。

正確に言うと拡張するジャズ Vol.1
神保彰 × 林正樹
油井正一アーカイブ開設1周年。

という事で慶應大学が主催するイベントでなんとタダ!!!!
先着順だったんですが、5時間で即効売り切れたそうな。

慶應大学のホールで見たんですが、近くて感激☆

最初は林正樹さんというピアニストのソロから。
全然知らなかったんですが、
ジャズというよりプログレっぽい曲もあってすごくよかった。
特にオリジナル曲の、日本とフラメンコを組み合わせた

「ジャパメンコ」

キース・エマーソンとReturn to foreverを足したみたいな曲で
とても叙情的でよかった。

その次にやったけど、「2006」という曲は、
2006年に作った曲だそうですが、それをなぜか
素因数分解(笑)

2×17×59

という事でこれを17/16拍子にして2小節の塊が59個。
16分音符にして数えると2006個で一区切り。

と書いていてあっているのかわからなくなりましたが、
TRIXとかがやりそうな音楽的お遊び曲。

MCで解説してましたがお客さんはドン引きでした(笑)

こう書くと難解な曲と思われますが、とても美しいメロディーで
ジャズというよりプログレを彷彿させてとてもイイ。

他にも50音シリーズという事で曲の7割がソの音という曲もあって
成り立ちが笑える曲がよかった。
ネットで調べてみると何枚かアルバム出てたので、中古でチェックしてみます♪

1.Maple Leaf Rag (Scott Joplin's)
2.In A Mist (Bix Beiderbecke)
3.Someday Prince Will Come
4.Japamenco
5.2006
6.ソたち

その美しいピアノの音色の後はお待ちかねの神保さんのワンマンオーケストラ。

前も見たときにとてつもなく感動したんですが、
エレドラとの組み合わせというよりドラムの音のつぶの揃い具合に
マシーンか!?と思うぐらいビビッた。

お正月に日テレの番組にも出ていたので最近メジャーになりつつありますが、
あまりに凄すぎて神としか言えません。

しかも50歳を超えているとは思えないほど見た目も若々しくて
やっぱり好きなことをやっている人はずっと若々しいんでしょうか。

楽器的な感じで言うと通常ここまでテクニックがあると
テクニックをひけらかして曲がしょうもない場合がほとんどなんですが、
神保さんのライブはドラムをやっていない僕でも普通に楽しめます。

曲も誰もが知っている曲を選んでいるし、
誰がどう見ても凄いドラム。
あの左足は脳みそが二つあるに違いない。

人間ってあんなに別のことを同時に出来るんだ。。。。
デュアルコア搭載。

ポリリズムも連発でしたが、とても自然に聴こえてきて
全然飽きさせない。

正直楽器をやっていてもいなくても、一回は神保さんの
ワンマンオーケストラ見ておいた方がいいと思います。
生で見ると本当にすごい。

一度は行っておきたい伊勢神宮みたいなもんです。

ジャズと銘打っているので、ジャズよりの曲を選んだとの事でしたが、
ワンマンオーケストラの性格上サプライズな曲はなかったですが、
年始そうそういいものを見せていただきました♪

最後はジャズではないが、有名な映画メドレー。
これやらないとワンマンオーケストラが終われないという事で。

1.Jazz Medley (Straight,No Chaser、Take Five,Take The 'A' Train、Caravan)
2.アランフェス協奏曲
3.真っ赤な太陽(.美空ひばり)
4.Dr ソロ
5.Spain
6.Rhapsody In Blue
7.Stevie Wonderメドレー 
8.旬がめぐってくる映画メドレー (007,Mission Impossible,PIRATES of the CARIBBEAN)


で最後はワンマンオーケストラでピアノとの初コラボ。


1.Libertango(ピアソラ)
2.上をむいて歩こう
で最後に打ち合わせなしでのアンコールで生ドラムでのセッション
3..I 've Got Rhythm


もう最高過ぎました。

こんな素晴らしい初神保さん詣でが出来て2012年はいいスタートです♪

櫻井哲夫&本田雅人 Birthday Live 

櫻井哲夫&本田雅人"Birthday Live"@鶴ヶ島 
に行ってきました。

11月23日に埼玉県鶴ヶ島という所へ初めて行ってきました。
最初どこ?!

と思ったんですが、
僕が行くフュージョン系のライブをよくやっているので
名前は見たことあったんですが、初の場所。

ほどなく場所は見つかって15時すぎに無事整理券ゲット。

でそんなこんなで開演。

本田さんと櫻井さんの誕生日が同じ日だという事で
誕生日ツアーをやってしまおう♪
とやり始めてもう7年目だそうで。

今回のメンバーは

本田雅人(Sax)、櫻井哲夫(B)、菰口雄矢(g)、白井アキト(key)、山内陽一郎(ds)

本田&櫻井+Voice Picsという形です。

勤労感謝の日なのに働く業界だそうで(笑)
メンバー皆さん超絶なので、安心して見れます。

1部最後はこのツアーにぴったりの曲という事で
佐野元春の「二人のバースデイ」・・・

を本田さんと櫻井さんが歌い、若者3人はシャララ隊との事で
シャラララとラではないコーラス(笑)

テクニカル系の人ってあまり歌わないので
菰口さんがシャララ♪って歌う姿がなんかレア。。(^o^;)

2部は櫻井さんと本田さんのベース&SAXのDUOではじまる。
本田さんがコード弾いてくれないと無茶な事をいう桜井さん。

SAXでは無理なので片手で弾けるトランペットで、
片手でキーボードで来年は弾って。

本田さんのIt Do Mean A Thingはただでさえ忙しい曲なんですが、
DUOで演奏を行うため、見てるだけでしんどくなります。

SAX吹きっぱなしで、つば飲みこむ事が出来ないと(笑)
と言いつつ、軽々と弾く恐ろしい49歳。。

まさに天才SAXプレイヤー。

そしてメンバーみんな入って、僕の大好きなCHAOS。
この曲やっているってネットにあったんで鶴ヶ島までやってきたと
言っても過言ではないぐらい好き。
ジンサクって密かにカシオペアより曲好きです。

菰口さんも弾きまくり。音色がまた心地よくて。
しかし、あんなフレージングでギター弾くの見たことない。
もはや異次元の世界。

テクニカル系で凄い人はネットでも沢山いますが、曲が大抵しょうもなくて
ソロもしょうもないスケールの上昇・下降(笑)というのがデフォなのに、
なんて素晴らしいフレーズ弾くんでしょう。23歳!?

テクニックが凄すぎるんでわかりづらいですが、
信じられないほどかっこいいフレーズ弾くんですよね。

僕今から生まれ変わりますんで、
23年後にあんなギター弾きたい。。。(ToT)

もうヤングギターに100%菰口雄矢のリクエストします。


最後はやはりRed Zone♪
文字通りメーター振り切る感じで盛り上がりました。

櫻井さんもすごいんですが、
やっぱり本田さんと菰口さんの組み合わせ最強。

また来年もぜひ見たいんで土日でお願いします(笑)


曲はSTBと同じみたいなので、ネットから頂戴しました。

櫻井哲夫&本田雅人"Birthday Live"@鶴ヶ島 2011年11月23日

1.Funky Monsters
2.45℃
3.Ocean Avenue
4.僕のこいのぼり
5.2人のバースデー

Ba&SAX DUO
6.Sailing Alone
7.It Do Mean A Thing

8.Chaos
9.Alisa
10.Step Up Action

11.Drソロ
12.Red Zone

SIAM SHADE SPRITS Return The Favor 

SIAM SHADE 〝SIAM SHADE SPRITS Return The Favor〟

震災の復興のためSIAM SHADEが復活ライブを行うと。。

ネットで見たときまじで!?

と思ったけどやっぱり見ておかないと。
平日だし、仕事の関係でいけないかも。。と思ったが
なんとか間にあった。

さいたま新都心にはSIAM Tシャツの人間が沢山。
普段マイナーなライブしか行かないので、
こういう一体感があるのもなんかホッとする。

会場に入るとセンターのど真ん前。
メンバー近すぎ!!!!
ライブ終わるまでモニターなど一切見ないで、DAITAのギター凝視出きた。
やっぱり日頃の行いの良さのおかげかな(笑)

あまりの席のよさでしたが、周りはみんなSIAMTシャツなのに
一人スーツでぽっかり浮いていて恥ずかしい…(^o^;)

場所を確認してトイレ行ったら、SIAMセッション関係の人沢山目撃。
声かけた人も入れば通り過ぎちゃった人もいたけど、
SIAM好きがこんなにも沢山居るんだと、ちょっと感動。

チケット譲りますの大合唱だったんですが、
かなり席は埋まってました。

いよいよ超カブリツキ席で開演。

イントロのLight For Closed Your Eyesがかかった瞬間に
フラッシュバックのように昔へタイムスリップ。

1曲目は何かなーと思っていたら
10月21日がメジャーデビューの日だったらしく、RAIN。
これもよくコピーしたな。

その後もMCも少なめにガンガン曲を演奏。
Destination Truthは超好きな曲だったんで嬉しかった。

そして多分今回の目玉となるだろうまさかの
インストメドレー!!!!

SIAMはインストも必ずやるんですが、なんだろと。。
あーVirtuosoかーと思っていたら。あれ?
Dreamless worldのイントロ♪

まさかのインスト部分をつないだインストメドレー。

コレはSIAM SHADEが大好きなDream Theaterへのオマージュ。
SIAM聴いてDT聴く人がどれぐらいいるのかわからないけど、
どっちも好きなワタクシ悶絶。

曲はどれも歌えるし、どれも名曲。
最後のドンテルまで
もー終始感動しっぱなしです。

ちょっと声出てなかったり、演奏のミスもあったけど、
これだけ迫力のあるライブはさすが圧巻です。

久しぶりにSIAM SHADEのライブ見れて思ったけど、
やっぱりライブはドラムが上手いと締まるなーと。

淳士の凄さを実感しました。

やっぱりギターなんで、DAITAを終始凝視。

ギターソロもほぼアルバム通りでよく聴くと本当に
よく練られたギターソロで、曲の一部です。

こんなギタリスト滅多にいませんね。

テクニックはもっとうまい人いるでしょうけど、
DAITAはヘドバンする姿もかっこよすぎ。

久しぶりにSIAM セッションで演奏したくなった。
Lifeやろうっと。

終わってからSIAMについて語りたかったけど、
仕事終りでぐったりしていたんで帰宅。駅からもタクシー。。

参加していた観客もみんな熱かった!
この演奏はDVDになる予定だそうですが、
見れなかった人には申し訳ないですが、
DVDで見ても凄いと思いますが、ライブで見るのとは全然違うと思います。
音圧もそうだし、会場の雰囲気もあるしね。

なので俺もライブ行くのやめられない止まらない(笑)
でも多分買います。。



とにかく


SIAM SHADE最高(*^o^*)



SIAM SHADE 〝SIAM SHADE SPRITS Return The Favor〟
2011.10.21. さいたまスーパーアリーナ

SE Light For Closed Your Eyes
01.RAIN
02.TIME'S
03.Why Not?
04.LOVESICK ~You Don't Know~
05.Destination Truth
06.BLACK
07.Sin
08.Life
09.LOVE
10.SSS ~メドレー
Virtuoso →Dreamless world→せつなさよりも遠くへ→No!Marionette!
→Outsider→Heaven→I Believe→淳士solo →Bloody Train→Fly high→Triptych

11.グレイシャルLOVE
12.NEVER END
13.CAN'T FORGET YOU
14.LET IT GO
15.SHAKE ME DOWN
16.PRIDE
17.PRAYER
18.GET A LIFE

19.Dear...
20.曇りのち晴れ
21.1/3の純情な感情
22.Dreams

23.NO CONTROL
24.Imagination
25.D.Z.I
26.Don't Tell Lies

Outro Dear

本牧ジャズ アゲイン 

横浜の本牧ジャズフェスティバルに行ってきました。

本牧ジャズは、市民がつくる手作りフェス(?)というのが
あり、非常にゆるい(笑)

こういうフェスって大体、火気厳禁なんですが、
火はエリアさえ守ればOK!ということで
バーベキューして、テント貼って、音楽聴いて昼寝も有り。
しかもご飯持ち込みなどなんでもあり。

バーベキューしながら、酒飲んで(しかも持ち込みあり)
炎天下の中音楽を聴く。

イイネ!

ってか俺車なんで、飲んでないしBBQもしてないんで、
半分しか楽しんでない可能性もありますが…(^o^;)

ウンチクを語るオヤジが多いんで、
ジャズって敷居が高いと思われるんですが、
ベロベロに酔っている人も居るし、
多分ジャズ関係なくBBQしに来ている人もいそうで
この緩さが最高です(*^o^*)


しかも、毎年恒例のビーチサンダルを遠くまで飛ばすという
ビーサン選手権が開催され、熱い戦いが繰り広げられている♪

しかも値段が安くて、フュージョン系の大御所が出るのに
値段が4000円と安いんで、超お得。

30回も開催されていますが、去年は「若者のジャズ離れ」という
意味不明な記事が書かれていましたが、財政難で中止。

去年もそうですが、一番盛り上がったのはTRIXという
バリバリのフュージョンだったという事で、ジャズに問題があるのは確かですけど
それはまたの機会に熱く語ります。

前回とても楽しかったので中止はとても残念でしたが、
今年はこのゆるフェスを惜しいという声が多数で、
主催者の努力でなんとか開催。ありがとうございます。

で当日は会場に到着するも先日の豪雨が嘘のように晴れ上がり
隣接する市民プールのせいか、駐車場が混みまくり。。

なのでちょっと遠くのコインパーキングにとめて
会場まで歩く。

やっぱり電車で来るべきだったなぁと後悔しながら会場まで歩く。

お目当ては

須藤満 Presents”Take-Suto Ultra Project”
・須藤満(b)
平井武士(g)
・高橋亜土(kb)
・坂東慧(ds)


です。
なんとなーく昔のTRIXの香りがしますが(笑)

いやー最高でしたわ。

とにかくメロディーがキャッチーなのと前回TRIXで会場を沸かせたからなのか、
最初からお客さんはステージ前に詰めかけていて、
盛り上がる気マンマン。

須藤さんのベースソロでのスキヤキから。
思いっきり間違えてましたけど、笑いに変えてそのまま突き進む(*^o^*)

基本はこの前のツアーの抜粋のセットリスト。
順番違うかもしれなけど。

須藤満 Presents”Take-Suto Ultra Project”
1.スキヤキ
2.Rushing Spirits (須藤)
3.Pursuer&Pursued (平井)
4.H2O(平井)
5.Super G (須藤)
6.Restless(平井)
7.The Sun Is Rising Again(須藤)
8.Let's Go To The White Park (須藤)

ギターがわかりやすいメロディーを奏でていて、
今日一番盛り上がってたと思います。

須藤さんはまたステージから降りて客席乱入。
ライブの見せ方がやはりベテランらしくとても上手です。
曲や楽器のこと知らなくても楽しめるようなライブになってます。

ホントいいライブでした。
もはや本牧ジャズに須藤さんのバンドは欠かせないようです。

後はしんどくなったんで、車で爆睡。

で最後香津美さんの時に舞い戻る。


● ミッキー吉野 渡辺香津美   カレイドスコープ2011 
・ミッキー吉野(kb)・渡辺香津美(g)
・樋口晶之(ds)
・土岐英史(as)
・日野JINO賢二(b)
・池田雅明(tb)
・吉田治(ts)
・横山達治(per)

CHICKENSHACK「Flowers For Lena」での
土岐さんのソプラノSAXがとっても良くて感動したんですが、
正直全体的にはあまり印象に残ってません。。。。

ただただ疲れていたんで。ちょっと野外フェスはしんどいですね。
サマソニ立ちっぱなしとかももはや耐えれないです。

土岐さんのSAXは、本田雅人さんが昔MCで言っていたとおり
光っている所はほとんどありませんでした(爆)
その時はMCで汗の種類が違うと言ってましたが、ほんまかいな。。。



渡辺香津美・ミッキー吉野 
1.Maiden Voyage (Herbie Hancock)
2.Earthmatics
3.Boston After Dark (ミッキー吉野)
4.Flowers For Lena (CHICKENSHACK )
5.Milestone (Miles Davis)
6.Lately (Stevie Wonder)
7.Sometime
8. Walk Tail (Joe Zawinul)
9.Jam



とにかくこのゆるーい本牧ジャズフェス大好きです。
来年も行こうっと♪

LOUD ATTACK !2011 

だいぶたちましたが、ライブレポを。

LOUD ATTACK ! 2011 @ PALOOZA
theCYCLE / GALNERYUS /DETROX


お目当てはガルネリウスなんですが、
明日もガルネリが出て、しかも明日の対バンは
コンチェルト・ムーン。

すごい組み合わせだなーと。

最近フュージョンばっかりなので、久しぶりのメタルライブです。

でメタル回帰の第一弾にtheCYCLE。
これはマシンガンズの元メンバーが組んでるバンドなんで
期待していたんですが。。。。
後で知ったんですが、voはTOKIOの山口達也の弟だそうで。。。


1曲目始まった瞬間。

爆音!爆音!爆音!爆音!


音でかーーーーーい!


鼓膜破れるかと思いました。。。
ティッシュ持ってなかったんで耳栓できず。。

音がでかい上に音色も最悪でハイが超耳に突き刺さる。
ドラムがハイハットたたくたびに
難聴になるんじゃないかと恐怖を感じさせる。

お前らマノーウォーか。
耳が今でもキーンとします。
PAは死んでください。

3曲目で少しだけ(ほんの少しだけで爆音続く)
ましになりましたが、もしあのままだったら
マジで帰ろうかと思った。

途中で早くこのバンドが終わることを心から祈った。
なので曲や演奏など見る余裕もなく。。

ファンには申し訳ないがはっきり言って最悪でした。

最近フュージョンばっかりでメタル聴いてないから耳が驚いたのかなぁと
思ったけど、周りも耳を押さえていたんで同じ感想かと。

あの爆音の中振り付けをするバンギャはすげーな。。。

1.C-File
2..Survivor 666(新曲)
3.核ファイター
4.KrazyKramer
5My⇔Me
6.Eternal Rain
7.JASON
8.Air Force
9.ラブポーション


お次はお目当てGalneryus 。
小野正利さんが加入してからのライブを見るのは初です。

「You’re the only…」
ゴーストのパクリドラマの主題歌だった曲を歌って紅白出場してるんですよね。

イカ天のフォートフラッグの映像見たら
ギターはまんまインギーなんでメタルをやる事に違和感はそこまでないですが、
しかしガルネリに加入したときは驚きました。

とそんなことを考えると暗転し、小野さんのシャウトからスタート。
あれ?いきなりsyuが髪ピンクだ。。。
なんか前の爆音のせいなのか音がきれいに聞こえる(笑)

しかもクライング・スターじゃない。
ヘルゲモデルみたいな形のニューギター使ってた。

それまでは僕の中ではガルネリウスが爆音で有名だったんですけど…(^o^;)

The Awakeningはあのスイープ連射を頭振りながら弾くか!?
あいかわらずすごいテクニック。

新曲からも演奏されたが、メジャーでキャッチーな感じ。
ギターソロはウリみたいなやつだった。

最後のDestiyでも小野さんの声衰えず。
ホントすげーわ。こんなライブで声出る日本人いるんですね。。

全編短いながらもガルネリらしいライブでかつ
ギターもテクニカルでとても楽しめました。

しかし前と違うバンドみたいだな。voが変わってかなり曲も変化があった。

時々キスク時代のハロウィンみたいなメロがたくさん出てくる。
声もどことなく似ているような。。。

今まではゴリゴリのパワーメタルだったのが
小野さん加入後はメロスピみたいな感じかな。

でも歌メロがより強調されてとてもいい感じになってます。
Syuのギターも昔は爆音だったんだけど、曲を重視するようになったのか
ソロも超絶なのにとてもメロディアスでよかった。


Galneryus
1. Burn my Heart
2. Carry on
3. Still Loving You
4. The Awakening
5. Future Never Dies
6. A Far-Off Distance
7. Whisper In The Redsky
8. Destiy


で最後はDETROX。
これがHIDEKIコールがすごい。

7弦ギターでの爆音なのであまりよくわからなかったんですが、
K-A-ZさんのギターソロはVaiっぽい。
アームを使ってのソロはそのままという感じ。
普通のプレイはそう感じないけど、風を受けながら弾く姿はまさにVai彷彿。

7弦低音のリフをあそこまで多様するバンドってそんなに見たことないんで
新鮮です。前にLOUDNESS見たときにも出てたので、
ライブ見るの2回なんですが前はあまり印象残ってないんで。

しかも知らなかったんですが、あのBump’n Grindのギターだったんだ。。。。
当時7弦ギターの日本のバンドということで
ヤンギのチョイ記事に載っていたんで買ったっけ。

てな感じでHIDEKIコールがこだまする中
やっぱりSIAMって人気あるんだなぁというのを実感。

DETROX

1.Ride an Angel
2.Long Way Round
3.Music
4.Stand My Ground
5..Still Alive
6.Death-tech
7.No Mercy
8.Kill the Light
9.Fight"Till The Death
10.Muddy
11.DARK and LIGHT
12.1-4-0

なんにせよドリンク込みで4000円でこれだけ見られればラッキー♪


代償は耳鳴りですが・・・(^o^;)
メタルのライブに行くときはティッシュを必ず持っていくことという教訓を得ました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。