夢劇場 Part2 SCENES FROM A MEMORY

DREAM THEATER・SIAM SHADEなどHR・HM・Fusion音楽&ギター大好き
 
 
プロフィール

Mark

  • Author:Mark
  • 音楽大好き管理人です☆
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Aristocrats。。ガスリー神。 

ガスリーがやってくる。
というわけで行ってきました。

The Aristocrats
Guthrie Govan(G) Bryan Beller( B) Marco Minnemann(Ds) の超絶トリオのライブ。


平日だというのに開場前から人ギッシリ。
さすが現在最高峰のギターの呼び声高いガスリーのライブ。

この前のアレン・ハインズがびっくりするぐらいガラガラだったんですが、
やっぱりガスリー・マルコという超絶どころなんで
普段どこに生息しているのかわからないマニアックな面々が集まる。

最近絶滅種であるギター馬鹿がたくさん♪
でもテクニックもあってしかるべしだよね。

会場はぎっしりだが、なんとか椅子をゲット。
節電の関係なのか仕事終わりのスーツだからなのか、それとも熱気でかは
わからないが異様に暑く、汗だくに。。。。

ライブはシンセっぽい音を出しながらスタート。
曲は9月に出る予定のThe Aristocratsのアルバム曲と
それぞれのメンバーのソロから。

初めて生で見たガスリーはすごいの一言。

所々どうやって音出してるんだ?
というフレーズも多数あったが、
噂通り凄まじいギターでした。

ギターってどうしても手癖が出てしまう。まぁそれが個性で味なんだけど。。。
ガスリーはどんなに速く弾いても
手癖ではなくフレーズを奏でている感じがする。

勢いとかで弾くのでなく、
完璧にコントロールされている凄み。

しかも音が死ぬほどきれい。
あのスピードであのクリアーな音色はまさに神。。。。

Suhrのギターがああいう音を出せるんだと思わず錯覚してしまうほどの
惚れ惚れする音色です。

見た目も完全にジーザスって感じですが、
凄まじいの一言でした。

人間ってあそこまで進化するんだと感動します。

アルバム持っていないんで詳しくなかったんですが、
とてもvaiっぽいと思いました。

スライドの多様もそうだし、音の切り方がそう感じさせる。
最近自分の好みがテクニカル一辺倒ではなかったので、
それ系のガスリーはあまり聞いてなかったんですが、
とにかく速かった(笑)

Youtubeでも人気のWavesがコールされると大歓声。

個人的にはタッピングが印象的なFives見たかったけど、
なくてもおなかいっぱいですが♪

マルコのドラムは、強弱がすごくてドラムが打楽器であるということを
感じさせてくれる。音でかいし。
こういうドラマーってあまりいないんで、心地いいんですよね。
休符とかピタッととまるんで、リズムが全くわからない(笑)

こんなすごいドラマーでもDTオーディション駄目なんだね。
ま、あわないとは思いますが・・・(^o^;)


ベースも他の二人が凄すぎるので目立たないが、
Vaiのバンドやラブリエとやっていたりと全員超絶。

ビール飲んだりしながら、フレーズも多彩で
まさに音を楽しんでいる感じ。
神々の遊び。。。

ってこういうのなんだろうなぁ。
感動のひとこと。。

あまりに異次元な凄さなので世界ってすげーなと思うのみ。

こういうの見ると、なでしこJAPANの世界一ってすごいんだなぁ。
世界ってのは化け物みたいなのがいっぱいいる中で
チャンピオンになってるんだからね。


あーえーもん見た。
あんなプレイ絶対できないんで、ギター弾く気がなくなる。。。(ToT)


セットリストはアルバム出てないのでわかりませんが、
ネットで拾いました。

The Aristocrats@秋葉原


1.Bad Asteroid 
2.Greasy Wheel
3.Boing I'm In The Back
4.Furtive Jack
5.Flatlands
6.Parrot
7.See You Next Tuesday
8.Mr. Kempinski (dr solo)
9.Waves
10.Blues Fuckers
11.Sweaty Knockers
12.Erotic Cakes
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。