夢劇場 Part2 SCENES FROM A MEMORY

DREAM THEATER・SIAM SHADEなどHR・HM・Fusion音楽&ギター大好き
 
 
プロフィール

Mark

  • Author:Mark
  • 音楽大好き管理人です☆
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIX@お台場 

夏のあつーい日にお台場に行ってきました。


TRIXはジャンルで言うとフュージョンなんですが、
結構ギリギリに行ったんだけど、人気ないのか余裕で座席に座れるという(笑)


いかんですなぁ。


今のTRIXは
若手NO.1ギタリストと紹介されてましたが、
菰口雄矢さんがギターです。

菰口さんは僕の大好きなギタリストですが、
あまりにすごいので、追っかけか!というぐらいライブ見てます(笑)

初めて矢吹さんのライブで見た時の衝撃が忘れられません。
もう、異次元のプレイヤーです。

テクニカルな人は沢山いますが、スケールを上下するような
ギターではないので、とても不思議な感じ。
ついに日本にもこういうギタリストが出た!という感じ。

そのライブがもタダなのになぁ。
若者のフュージョン離れがひどいですね。


新しいアルバムとリメイクのアルバムの中から。。。
新KeyのAYAKIさんはあのバークリー首席だそうで。

ライブ聴いていると、ちょっとメロディが薄れて
なんか普通のテクニカルフュージョンっぽくなってきたなぁと。

夏らしくセミが泣いている中、バラード演奏したんだけど、
KeyでソプラノSAX見たいな音でジャジーな感じ。

僕はあまりコミカル過ぎるのは求めてないんで、、
がっつりメロディアスなインストを今後も期待してます。

リメイク版のRecollectionはちょっとメロディが前ノリな感じ。
Double Upはメンバーが暴れすぎて違いがわからん(笑)

で最後は会場にみんな散らばって須藤さんは
予想通りフーターズのおねーさんの所でノリノリで弾いてました。。。


TRIXで最後がPassionじゃないライブはじめて見た。

メンバーも変わってちょっと次のステージへ向かっているのかなぁと
強く感じたライブだった。
菰口さんも半分以上レスポール使っていてびっくりした。

いずれにしても良質のキメキメフュージョンを
聴かせてくれるTRIXをまた来年見に行こうっと♪






三国志
The Speed Queen
.インドメタシン
North
Tears In The Universe
Recollection
Double Up
.FIRE
スポンサーサイト

Superfly@幕張 

Superfly 5th Anniversary Super Live GIVE ME TEN!!!!!
supported by VO5   @幕張メッセ。


最近どっぷりはまっているSuperfly。
今回は5周年の記念ライブ。
Forceツアーも2回いったんですが、
前のアルバムの曲も聞きたいと思って参加を決意。


チケットは当然のように即ソールドアウトなので、
ヤフオクでちょっと出してアリーナAをゲッツ。

会場へ行ってみると。。。うわ。めっちゃ前やん♪
センターではないですが、花道の最前列!!!


ファンクラブ席っぽいので、周りはいつものようにSuperflyTシャツに囲まれる。

メタルTシャツなど全くおらず(笑)
客層は若い人ばかりかと思いきや意外と年配組も多い。


まずイントロはスタンディングオベーションを途中まで演奏してからの
ハローハロー。。


歌うめーーーーーー!!!!


今回はストリンググとしてして弦一徹ストリングスが参加していて、
さらにホーンまで。うーん。豪華。

でホーンも入っているHi-Five。
え!アンコールのようなノリノリナンバー2曲目で来ちゃうの?

でシングルのみの凛。。。
にわかファンなので初めて聴いたんですが、
めっちゃいい曲やん。
メロウな感じで、サビのメロディがすごく好き。


そして編成でSAXが入っているのでやるかなーと思ってたら
Secret Garden キタ━(゚∀゚)━!


Nitty Grittyはイントロがバラード風にちょっとアレンジ。
凝ってますねー。
ベースがブリブリいっていて、もうめっちゃカッコイイ。
この曲のメロってホント好き。
哀愁の歌メロといいますか。。メタル風に言うと泣きのメロディですよ。


でZEPのカシミールっぽい
Deep-sea Fish Orchestra

コレ生で聞けると思わなかったのでめっちゃ嬉しい。
この一瞬変拍子?と思わせるリズムのノリが大好き♪

タマシイレボリューションではClap・Clapと画面ででて
もう手拍子・腕上げ・歌い・踊る。。。

Forceでは会場一体となって合唱。
うー楽しい。

そして最後に一番聴きたかったRollin'Days。
Don't Look Back!

2時間50分。
もう言う事ありません。

最後は観客がもうバテバテだったのが手にとるようにわかる(笑)

あの長時間、観客煽り倒して、最後まで
あのクオリティで歌えるとは。。。鉄人志帆ちゃん。

凄すぎ。

やっぱりイイ音楽とは
いい曲といい演奏があって初めて成り立つものだなぁーと。


僕が普段行くライブは、インスト系なので
いい演奏は文句なしですが、正直いい曲は少ないんで(^o^;)
そういう意味ではSuperflyはトップクラスで好き♪


最高でしたーーー。さいたまスーパーアリーナも行こうっと♪

Forceツアーの映像、やっぱりブルーレイで買うべきかな。

上原ひろみ@国際フォーラム 千秋楽 

上原ひろみのライブに行ってきました。

デビューした頃はDTとかクリムゾン好きと公言する中々ナイスな女の子って
感じでしたが、テレビに出たりグラミー賞取ったりして
お茶の間にも有名になってチケット入手困難なアーティストに。

今回のツアーも即ソールドアウト。
なのでヤフオクで前の方ゲッツしました・・・(^o^;)


今回はトリオでアンソニージャクソンとサイモンフィリップス♪

サイモン・フィリップスは僕大好きドラマーなんですよね。
4年前!にサイモン・フィリップスバンドが来たときは思わず
2日連続でライブに行ってしまったぐらい。


こんなトリオという事で、のメンツだけで良いに決まってますが、
ライブみたらやっぱりよかったです(笑)
ってか最高でした。


冒頭のMoveからもう変拍子の雨・あられ。。
本当にこんなマニアックな音楽で5000人以上集められるなんて信じられません。

ジャズというより完全にプログレッシブ。

一般の人(?)というか普段からジャズ聞いていない人も多分沢山居るんだろうけど、
すごいですね。まるでパット・メセニーのようですね。

昔インタビューで宮崎駿のようになりたいと言っていたのがわかります。
要はマニアックな音楽ファンもそうでない人も惹きつけるようなって意味だった。


ひろみちゃんはジャズというかロックアーティストのように
激しく弾きまくる。腱鞘炎になるんじゃないか?!
と心配になるぐら激しい弾き方。

全盛期の鬼束ちひろのように魂を削ってるんじゃないか?
と思うような弾き方で見ている人圧倒します。

MCのゆるゆる度があんな超絶技巧を繰り広げた人と同一人物かわからなくなります。。(^o^)

大体、アンソニー・ジャクソン、サイモン・フィリップスを率いて
全世界をツアーし、
あの二人を「珍道中を繰り広げた愉快な仲間たち」なんて言える日本人が他にいますか??


まさに日本の宝。

もう国民栄誉賞モノ。


この日は日本ツアーの最終日で、ピアノソロはPlace To Be。
アグレッシブなナンバーからこういうしっとり系も。

そして
最も信頼するという調律師の小沼さんをステージに招いてからの
ボロボロ泣きながら演奏。
あんなにエモーショナルに弾くんだと。。。

激しい曲では、もうキース・エマーソンのように鍵盤を叩いているようで、
かと思ったらバラードではしっとりと。

最後の現実逃避を意味する3部作がもうかっこいいのなんて。
コンセプトもプログレそのもの。

だってWikipediaによると影響を受けた人。

フランク・ザッパ
バッハ
オスカー・ピーターソン
Ahmad Jamal
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
ドリーム・シアター
キング・クリムゾン
カール・ルイス
マイケル・ジョーダン


フランク・ザッパですよ!?


ギターは居ないですが、こんな凄い人のライブを見れる時代に生きている事に感謝
上原ひろみ最高(*^o^*)


ライブであまりにも感動したので、ドキュメンタリーというか
「サマーレインの彼方」という本を買いました。

上原ひろみ サマーレインの彼方上原ひろみ サマーレインの彼方
(2005/10)
神舘 和典、白土 恭子 他

商品詳細を見る



正直この本を読んだら、すごく上原ひろみが好きになった。
音楽に対する姿勢でこんなストイックな人がいるのかと。。。

人生そのものが音楽へと向かっていてなんて凄いんだと。
こんな人本当にいるんですね。
まさに音楽にとりつかれたと言うかなんというか。。超人ですね。


今回のツアーはサイモン・フィリップスのドラムがかっこよすぎて、
アンソニー・ジャクソンが普通に見えてしまいます。
ベースもとてもすごいんだけど、ドラムが凄すぎて。。。

ジャズで2バスドコドコかっこよく踏める人他にいない。
なんであんなフレーズ笑いながら叩けるんだ?
ドラムの事はよくわかりませんが、
あの強弱のつけ方や、音が好き♪

しかもそんなに主張しすぎない。
素晴らし過ぎます。

でもなぜかネットではサイモン・フィリップスはプログレっぽいので
ジャズファンには嫌われているようですが、
会場ではライブ終わりに周りの人はみんなドラム凄いって絶賛してた。


いや本当にいいもの見ました。ライブ見て鳥肌立つことってそうないんだけど、
1曲目から鳥肌たってもうカゼ引いたかと思った。。。

凄まじく感動しました♪
僕は沢山ライブ見てますが、人生のベストライブ候補です。

CDで聞いたのではあのライブの感触は味わえない。。
だからライブ行くのやめられない。

Liveは文字通り生きるという事という名言を胸にDVD出してくれと願わざるをえません。
次来たらまた行こうっと。

上原ひろみって話題先行だと思われがちですが、凄まじいアーティストです。
思わずパンフレット買ってしまった(*^o^*)


ちょっと映像あるんで見てみて!サイモン・フィリップスのかっこよさに涙すること間違いなし。





このライブ見て音楽ってやっぱりリズム隊が重要なんだと実感。
メロディを取るピアノもあの鉄壁のリズム隊があって初めて成立すると。

はぁーええもん見た。まだ余韻が残ってます♪♪♪

この素晴らしさが一人でも伝わればこれ幸い。。。



セットリスト 
上原ひろみ@国際フォーラム 2012年12月9日

上原ひろみ:piano, keyboards
Anthony Jackson:contrabass guitar
Simon Phillips:drums

Move
Endeavor
MC
Brand New Day
Delusion
Desire

Labyrinth
Rainmaker
Margarita!
Place To Be
MC
Suite Escapism Reality
Suite Escapism Fantasy
Suite Escapism In Between

11:49PM

浜田麻里@中野サンプラザ 

結構久しぶりにライブ行ってきた。


浜田麻里@中野サンプラザ。5月26日


大好きなギタリストの増崎孝司さんがギター弾いているし、
一度はライブ見たいと思っていたんで、急遽チケットをネットで入手。
普段行くライブと違って当日券もないSOLD OUT♪
ツアーのファイナルの東京公演。


ライブは恐ろしいほど感動したーーーーー☆


ハイトーンでのシャウトで全身鳥肌がたつほどの衝撃。
こんな凄いヴォーカルがいるなんて。。。

多分海外のメタル界でもこんなハイトーン出せる人いません。

強いていうなら、Heartのアン・ウィルソンは出せるかもしれないが、
浜田麻里さんはメタルシャウトがすごい。。

こういう人はマジで他にいません。

しかももうすぐ50歳!?


MCも少なめでよくあんなに続けてハイトーンの曲を歌えるなぁと。。
普段もものすごく節制しているそうなので、
そうしないとああいう歌絶対歌えない。


曲も様式美メタルもあり、ポップな曲あり、聴かせるバラードありで
構成も含めて完璧なライブでした。

絵里さんのコーラスもネットで見たとおり生で見てもすごい。
これまた好きなCry For The Moonを二人でアカペラで歌いだしたときは
ブルブルと震えるぐらい感動。。。


もうあのライブそのままDVDやライブCDとして絶対売れると思う。


僕はライブでも楽器ばっかり見るし、普段見るライブの95%が
歌なしのインスト(と言っても残りの2%はコバイア語とかですが。。。)
なんですが、完全に歌にやられました。


もちろんギターは増崎さんだから最高なんですが、
増崎さんがサビでタッピングする姿なんて超レアな感じ。

踊るポンポコリンからDIMENSIONまで幅広い音楽性です。


超売れっ子スタジオミュージシャンなんで、
当然なんでも弾けるギターヒーローですが、
メタルっぽい速弾きしていて、僕の大好きなギターを弾くんですよ。

フュージョンとは違った思い切った速弾きがかっこよすぎる。
スケール上下するだけとは違いホント起承転結がはっきりしてソロも歌える感じ。

もーあまりに増崎さんのロックギターがかっこいいので
声優萌えではないが、田村ゆかりのDVD買ったろうかと思った。。。(^o^;)


ライブ見ていて、疾走感ってスイープではなく
フルピッキングだなーと。

クリアなピッキングなので音がよく抜けていて、凄さが倍増し、
ロックギターのかっこよさを再認識した。。


今回浜田麻里さんの新譜もAmazonレビューで絶賛の嵐ですが、
ライブ見て納得しました。
アルバムではギターは、高崎晃やマイケル・ランドウも弾いているしね。


浜田麻里はポップな印象がありますが、ギターツインではハモル曲もあり、
元メタルクイーンとして、下手なB級メタルよりよっぽどメタルっぽいです。


今まで数え切れないぐらい沢山ライブ見てきましたが、
こんな選曲を含めて完璧なライブはそうないです。

正直僕が見ているライブは超一流のミュージシャンばっかりなので、
どれも凄いのですが、群を抜いて感動出来ました。

ステージも結構豪華だった。
これはSOLD OUTになるわ。


この人こそ歌姫。
なぜもっと売れないのか不思議でしょうがないです。

こんな歌ライブで聴かせられるんだぜ。
こういうライブならいくらでも払えるぜ。

これぞ本物のミュージシャン。

最近ライブ行く回数かなり少ないですが、
やっぱりライブ最高(*^o^*)




Mari Hamada Live Tour 2012 “Legenda @中野サンプラザ

1. Crisis Code
2. Stormy Love
3. Crimson
4. Antique
5. Saturation
6. Heartstorm
7. Promise In The History
8. Missing You
9. Cry For The Moon
10.El Dorado
11.Forest
12.Momentalia
13.Blue Revolution
14.Get Together
15.Ransei-Conscientia
16.Crescendo
17.Aurea
18.999
19.Paradox
20.Romantic Night
21.Return To Myself
22.Fantasia


メンバー
Guitar
増崎孝司(DIMENSION)
藤井陽一
Bass
山田友則
Drums
宮脇“JOE”知史(44MAGNUM)
Keyboards
増田隆宣
中尾昌文(Sound Effectsも担当)
Chorus
ERI

UNIVERS ZERO with 是巨人 

さてチェンバーロックの代名詞と言うべきバンドが
初来日。

そこまで詳しくないがレアという事でユニオンプログレ館で
予約。

プログレはmagmaを見てから、ライブで絶対見ないといけないと思っているんで。

これだけ有名なのに(?)
なぜか来日は初。。。

ユニベール・ゼロ来日実行委員会なるものが発足し、
結成以来30年以上の時を経て、ついに来日。

場所は一般人にとっては住みたい街No.1。
しかーーし、プログレマニアにとっては聖地「吉祥寺」。

完全ソールドアウトで当日券もなし。
会場はもの凄い人・人・人。。。

立ち見も大量でギュウギュウです。
吉田達也さん率いる是巨人が前座。

是巨人は、This heatとジェントルジャイアントを日本語訳した
というところで音楽性はわかるでしょう。

というより、ドラムが吉田達也さんということで変拍子・手数バリバリプログレで
あることは間違いない。。。。(^o^;)

まず是巨人から。
正直YouTubeで見たぐらいで
曲全然知らなかったんですが、めちゃくちゃかっこよかった。

キメ・キメプログレ。変拍子の雨あられ。
一つのキメが終われば、息つくひまもなくまた変拍子のキメ。

こんな凄い演奏久しぶりに見ました。
バイオリンが入っているんでよりメロディアスで
壷井さんのヴァイオリンはプログレ臭がぷんぷん。

時間は短かったけど、ホント一瞬であっという間に終わってしまった感じ。
これだけでも来てよかったと思った。

是巨人  with 壷井彰久
鬼怒無月 (g) 吉田達也 (ds) ナスノミツル with 壷井彰久(Vi)


1.Arabesque
2.Lebanon
3.Never Cell
4.Freestone
5.Isotope


UNIVERS ZERO。

チェンバーロックとは室内楽とロックをかけあわせているので
クラシックな香りがします。

楽器もファゴット、クラリネット、バイオリン、チェロなどなど
クラシカルな楽器を多用し
複雑な変拍子を使って暗黒な感じの音楽です。

ライブは厳かにSEでスタート。
いきなりオーボエで演奏で
普段見ない感じのライブ。

アーキテーションと言いましょうか、
静と動のコントラストがすごくて、
ドラムの手数の多さも手伝い異様な世界観でまさに圧倒。

本編最後にDenseで大盛り上がり。

あまりにすごくてほとんど身動きせずに終始圧倒。
最初にやった是巨人が凄かったんで、
これは本家を食っちゃうんじゃ?
なんて思ってしまいましたが、力でねじ伏せたという感じ。

ネットでも絶賛しかないが、あんな凄いライブだったら当然でしょう。

ヴァイオリンが入っているんで、太陽と旋律の頃のクリムゾンを思い起こさせるが、
それよりももっと曲がまとまりがある。
時々ハサむクラシカルなフレーズが、好き。

両バンドともとても素晴らしくこんなに満足したライブは久しぶりです。
純度100%のプログレなんで、
いつものフュージョンと違う新しい世界が新鮮だった。

UNIVERS ZERO

≪来日メンバー≫
ダニエル・ドゥニ(dr/per)
ミシェル・ベルクマン(e-horn/oboe)
マルティン・ラウヴェル(vln)
クルト・ビュデ(cl)
ディミトリ・エヴァース(b)
ピエール・シュヴァリエ(kbd)

@吉祥寺スターパインズカフェ 2月11日

1.Earth Scream
2.Xenantaya
3.Civic Circus
4.Vacillements
5.Bruit Dans les Murs
6.Straight Edge
7.Presage
8.Retour De Foire
9.Dense
アンコール
10.Toujours plus a l'est
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。